アフィリエイト

これからご紹介するのはアフィリエイトのバナー広告です。

アフィリエイトの広告は実に様々な手法があります。バナーリンク、テキストリンク、メールリンクがあります。

アフィリエイトのリンクを生成すると表現しますがこれはアフィリエイトリンクを貼る際に必要なIDが入るためです。

パソコンでいうIPアドレスと考え方は同じです。IPアドレスとは「個人の住所」に相当します。

バナーリンクには個人のIDが入っているのです。アフィリエイトに参加している人がバナー広告を貼って、それを見た人が広告主のホームページに飛んで商品を購入した。または契約した場合にアフィリエイターにお金が還元されます。

 

アフィリエイト提携サイトはアフィリエイトなら【A8.net】もしもアフィリエイトがあります

アフィリエイトの数が多いのはA8.netですがもしもアフィリエイトにはドロップシッピングと強力なツールが使えるという特徴があります。

どちらも無料で登録できます。自分が作るサイトの用途に合わせてバナー広告やテキストリンクを貼ることをお勧めします。

 

サイトに貼り付けた広告のクリック数、契約数、売り上げなどはアフィリエイト提携サイトのレポートで見ることができます


アフィリエイトには需要がある

この大きな画像もアフィリエイトのバナー広告です。アフィリエイト提携サイトでは様々な大きさのバナー広告が用意されています。

この大きさのバナー広告は珍しいです。

ブログのサイドバーや日記にアフィリエイトのバナー広告やテキストリンクを貼ることができます。

※ブログサイトによってアフィリエイトリンクが可能か不可能かはブログを運営する会社によって異なります。

 

アフィリエイトには需要があります。実に様々な企業が参入しています。

新規顧客の獲得が必要で尚且つ契約することが条件の商材に関してはアフィリエイトが有効な手段なのです。

営業マンが飛び込みで営業をかける。もしくは店頭に立って営業するのも一つの方法でしょう。しかし、不特定多数に契約してもらうためにはアフィリエイトのバナー広告が有効なのです。

 

地域に密着した商材であれば飛び込み営業、店頭営業でもいいかもしれませんが不特定多数、全国規模になればどうやって営業するでしょうか?

一件ずつテレフォンアポイントをとる、飛び込み営業をかける、広告チラシを配る・・・それでは時間と営業マンの労力が足りません。

 

アフィリエイトを専門で取り扱うサイト運営会社に依頼してバナー広告を作ってもらったほうが手っ取り早いのです。

バナー広告はホームページに広告を貼りたい会社や個人が「自分のページにそのバナー広告を貼りたい」と申請します。

申請するとアフィリエイトの運営側がそのバナー広告を貼ってもいいか確認します。なかにはバナー広告を依頼した企業が直接審査する場合もあります。

会社、個人のホームページを確認後に承認されます。(即承認される場合もあります)

 

バナー広告は会社、個人のホームページ、ブログなどに貼られ、そのホームページを見てバナー広告に興味を持った人がクリックします。

バナー広告を見たお客さんのほうからアプローチがあるのです。

 

興味がある、商品が欲しい、その商材と契約したいと思ってくれているのです。その時点で営業は反響営業へと変わります。

全国の不特定多数の人に営業するためにはバナー広告を利用して反響営業したほうがいいのです。

 

反響営業することによって無駄な時間、労力、人件費をカットすることができます。

お客さんのほうから契約したいと思ってくれているのだからこれは成約率が高いですね。

アフィリエイトには需要があるのです。全国でその商材、商品が欲しいと思ってくれる人が存在しています。

ドロップシッピングのほうは商品なのでダイレクトに商品を買ってもらえます。

 

需要があるから供給される。そのために存在しているのがバナー広告、テキストリンク、メールリンクなのです。

 

バナー広告を貼るアフィリエイターの収益は自分のホームページ、ブログを経由してくれた顧客の契約料の一部が配当金という形になっています。いわば広告代理店なのです。

 

商材、商品の価格によって数パーセントが利益になる。そのため商材、商品によって配当金も異なります。

 

一度作ったホームページ、ブログは運営会社が存在する限り、自分のサイト、ブログページは残ります。そのため一度つくってしまえばバナー広告を貼った日から~何年経過してもそのバナー広告は残るのです。

 

アフィリエイトのバナー広告の期限が切れる日まで有効というのはありがたい話です。

一度作ってしまえば後はほっといても利益になる。それで年収数千万円の人も存在しています。

 

実働では稼げない金額を稼ぐことができる。副業でスタートできる。それがアフィリエイトやドロップシッピングなのです。

初期費用もいらず、会社を辞めずに続けてゆく、年収が会社勤めを超えたら会社を辞める。そして、独立・開業して会社を立ち上げた人もいます。

 

いかにホームページを作るか、ブログを見やすくするか、読者数を増やす、どれだけ自分のサイトに人を呼び込むかが収益のカギになってきます。



A8.netサイトにログインして参加中のプログラムを選択→ブログサービスを選択をクリックすると「ファンブログ」「Seesaaブログ」「FC2ブログ」「JUGEM」と出てきます。

ブログサイトのほうも無料で登録可能です。ブログのほうに登録しておくとスムーズにバナー広告をブログサイトに貼り付けることができます。日記のスペースにバナー広告が画像として表示されるのです。


ブログサイトにログインして新規記事を選択→HTML入力(</>)にアフィリエイトリンクコードのコピー&ペーストを貼り付けても同じ効果です。

 

JINDOのホームページや他のサイト、ブログでもHTMLを入力したいときは</>このマークをクリックするか「HTML入力モード」に切り替えてからアフィリエイトコードを貼り付けます。

 

アフィリエイトコードはアフィリエイトサイトで自分が商材や商品を選択して許可申請を行い、サイト側から承認が得られたもののみが使えるコードとなります。

アフィリエイトコードには個人のIDが入っています。それによって誰のサイトのどの商材が売れたかということがわかるのです。


アフィリエイトのやり方、始め方の詳しいことを知りたい方は「もしもアフィリエイト通信講座」をお勧めします。

ブログやホームページが作れるスキルを持っている方はプログラムを作ることに興味が沸いたらcodecampのアプリ開発がお勧めです。